1. TOP
  2. 営業品目
  3. 酸素ガス O2

酸素ガス O2

酸素ガス

性状

無色・液化酸素は淡青色
無味無臭
ガス比重 1.105 (空気=1)
液比重 1.14 (-183℃)
分子量 32
ガス密度 1.4289㎏/㎥ (0℃・0.1013MPa)
沸点 -183℃
融点 -218.4℃

供給形態

ガス体
  • シームレス容器による高圧酸素での供給
  • カードル(シームレス容器を束ね集合させたもの)による高圧酸素での供給
液体
  • 超低温可搬式容器(LGC)による液化酸素での供給
  • 超低温貯槽(CE)による液化酸素での供給

安全及び保安

爆発性・引火性 酸素は支燃性ガスと呼ばれ、可燃性物質と激しく反応し、燃焼又は爆発を起こします。
このため、酸素に油は絶対禁物です。
酸欠 空気中の酸素濃度が少ないと、生命に重大な影響を与えます。
16%~12% 集中力低下・頭痛
11%前後 意識混濁
10%以下 一瞬で意識が無くなり、6~8分で心停止
酸素中毒 空気中の酸素濃度が高い場合でも、生命に重大な影響を与えます。
高濃度の酸素を長期にわたり摂取し続けると、身体に様々な異状を発し最悪の場合は死に至ることもあります。
凍傷 超低温可搬式容器(LGC)や超低温貯槽(CE)を設置して液化酸素を使用する時は、液が直接体にかからないように注意して下さい。(長袖・保護具の着用)
高圧 シームレス容器内には非常に高圧のガスが充填されています。
容器弁の破損等により、高圧ガスが噴出すると、容器が飛ぶ可能性があります。転倒させるなど、粗雑に扱わないで下さい。